月額1000円以下のSIMでお勧め BIC SIM ミニマムスタートプラン(IIJ mio)


DTI ServersMan SIM LTE 100BIC SIM ミニマムスタートプランの比較です。
ServersMan SIM LTE 100は100kbps、月額490円、BIC SIM ミニマムスタートプランは200kbps、月額945円で月500MBまでは下り最大112.5MbpsのLTEが使えます。200kbpsと高速通信はアプリで切り替え可能です。

Androidアプリ、Speedtest.netを用いて同一機種(LTE非対応)で計測しました。

Ping(ms) Download
(Mbps)
Upload
(Mbps)
ServersMan 100 1 505 0.08 0.08
2 251 0.12 0.09
3 352 0.11 0.09
Ave. 369.3 0.103 0.086
bic  1  1005 0.30 0.26
2  272 0.26 0.25
3  347 0.26 0.26
Ave.  541.3 0.27 0.25

Yahoo! Japanトップページ(http://m.yahoo.co.jp/)とgoogle検索ページ(http://www.google.co.jp/)表示完了までの時間

Yahoo!(秒) Google(秒)
ServersMan 100 1 54.3 36.1
2 46.6 29.9
3 65.0 25.6
Ave. 53.3 30.5
bic  1 63.6 11.1
2 39.2 12.9
3 39.5 17.8
Ave. 47.4 13.9

結果はほぼ予想通りです。100kbpsもISDNの64kbpsより速いので値段から考えれば仕方ないと思っていましたが、最近のWebコンテンツはモバイル版でも重くなっています。ブラウザを使った感じでも、100kbpsと200kbpsの違いははっきりと体感できるレベルです。Yahoo!のページはメインの広告が最後に読み込まれるので、それを待たなければもう2/3くらいの時間で表示される感触です。

BIC SIMの月額使用料には、公衆無線LANサービス「Wi2 300」の利用料も含まれているので、喫茶店などではWiFiを利用することができます。月額1000円以下のSIMの中では総合的にお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.