MacでHDDをフォーマットしたときにできるEFIパーティションをWindowsで削除



MacでフォーマットしたHDDにはEFIパーティションという200MBの領域が確保され、Windowsのディスク管理では削除することができません。
この領域を削除するときのメモです。間違えたときに被害を最小にするため、USB等で外すことできる余分なHDDは外しておきましょう。今回はシステムと削除する2つのHDDを想定しています。

  1. 検索にcmdと入力し、コマンドプロンプトを起動
  2. c:\users\username>から、”diskpart [Enter]”
  3. DISKPART > から”list disk[Enter]”(ディスク一覧を表示)
    ディスクは0から並びます。2つの場合はディスク0とディスク1です。
  4. select disk 1 [Enter](ディスク1を選択)
  5. list partition [Enter](パーティション一覧を表示)
    パーティションも複数表示されるので、削除するパーティションを選びます。こちらは1から始まる数値です。
  6. select partition 1 [Enter](パーティション1を選択)
  7. delete partition override [Enter](選択したパーティションを強制削除)
    overrideオプションを指定することで、Windows の管理ツールから削除できないパーティションも強制削除することができます。

削除はくれぐれも慎重に行って下さい。

追記 7つ目の項目に誤記がありましたので訂正しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.