Dynabook SS 1600にWindows7をインストール(未遂)


Dynabook SS 1600は、1kgを切る東芝のモバイルノートで2003年のモデルです。

Windows XPでもSP3ともなると、だいぶ重く、最大1.2GBのメモリしかないSS1600では荷が重くなってきました。そんなところにWindows7ですから、うまくいくはずはありませんが、ものは試し、やってみることにしました。

基本スペックは以下の通りです。

  • Intel® 855GMチップセット
  • 12.1型XGA
  • 1,280MB(PC2100対応、DDR SDRAM)
  • 超低電圧版Intel® Pentium® Mプロセッサ 1Ghz

特徴は、光学ドライブがないことで、OSのインストールには、USB接続のドライブを用意すると便利です。

Windows7そのもののインストールは至って順調、インストールDVDから、なんのトラブルもなく、インストールできました。

しかし、855GMチップセットはWindows7には対応しておらず、 内蔵のグラフィックも、「標準VGA」として認識されています。

対応法は、こちらの方法の通り行いました。これにより、チップセットドライバ、グラフィックドライバ、サウンドチップドライバがインストールされました。

残ったイーサネットアダプタはAtherosの無線LANインタフェースのことで、こちらは、インターネットから取得することができます。有線LANをつないで、ドライバを検索することで、自動インストールできました。

 

 

最後に残った基本システムデバイスは、SDカードコントローラだと思われます。

と、ここまでは順調に来ましたが、Windows 7 SP1をインストールすると、「スタートアップ修復」を延々繰り返し、とうとう起動しなくなってしまいました。

SP1インストール前の使用感としては、「ぼちぼち使えるな」 という印象で、このままうまくいけばしばらくサブノートとして使用するつもりでした。制限としては、Fnキー+F1~F8が使用できないことがあり、このため、画面の輝度の変更などができないという点がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.