コーディング用フォントRicty Diminished



普段、コーディング用にエディタはAtom、フォントはSource Han Code JPを使っていました。見やすくて良かったのですが、気分を変えて、Ricty Diminishedにしてみました。下図はRicty Diminished をAtomで使用した際のスクリーンショットです。

RictyDiminished_Font_Atom

どちらも読みやすい等幅フォントですが、Source Han Code JPは全角が半角の2倍ではなく、1.5倍です。これは、画面に収まる情報量は多くなりますが、数字やスペースで見間違える事があります。

一方こちらも定番のRicty Diminishedですが、全角はきっちり半角の倍です。また、全角スペースも独特の形状のマークが出るようになっています。

個人的には0(ゼロ)とO(オー)を区別するために0にスラッシュが入っているのが、いかにもプログラミングをしている感じになって好きです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.