グラフィックカードの買い換え時の比較


グラフィックカードはPCの性能を決める重要な部品の一つですが、よほどのマニアでない限り、型番から性能の比較は難しいものです。2大メーカーの現行品であれば、型番の大小が性能の善し悪しとなりますが、世代が異なると、複雑怪奇です。

買い換えの時には、「今と同じ性能で十分」、「予算はこれくらいで今よりもどれだけ性能が上か」などと考えると、少々面倒なことになります。

こちらの、「3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表」で確認すれば、おおまかな比較はすぐにできます。

グラフィックカード買い換えのときは、使っているチップの型番を表から探して、それよりも上にあれば、性能も(おそらく)上です。あとは予算(と大きさなどの制約)からお好みで選べばOKです。

例えば、現在、ATI Radeon HD 5850(2年前なら3~4万円くらい?)を使っているなら、NVIDIA GeForce GTX 560 Tiにすることで、性能は若干向上し、値段は20,000円以内です。

ATIもそろそろ新シリーズが出ると思うので、買い換えの際には参考にどうぞ。

2強メーカーの寡占になって久しいですが、Number NineのTicket To Rideや、3dfxのVoodooが懐かしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.