AVアンプ設置後、HDMIの接続が不安定


AVアンプRX-A880(YAMAHA)を設置してからやや旧型のHDDレコーダー(Panasonic DMR-BW680)から再生中にHDMI信号が1秒ほど途切れることがあったので、それを改善した結果です。

このAVアンプは再生中の機器からの信号を認識し、自動で入力を切り替えて出力してくれるので、非常に便利です。レコーダーの電源を入れるだけで、AVアンプ(とヤマハのアクティブウーハー)、TVの電源がバチバチッと連続して入ります。他のレコーダーの電源を入れれば、入力が切り替わり、画面も変わります。

HDMIの不具合について、当初はHDMIケーブルの不良などを考え、ケーブルの交換や、他のレコーダーとの入れ替えをしてみましたが、このレコーダーからの信号のみが途切れます。

結果的にはレコーダーのHDMIの設定のDeep Colorを「切」にすることで改善されました。TVに直接繋いでいる際には問題は出なかったのですが、AVアンプを途中に入れることで問題が生じたようです。Deep Colorは自動判別という設定になっていることが多いようですが、AVアンプやレピーターを使用するとTVの対応、非対応がうまく判別できずに互換性の問題がでるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.