BackWPupでSugarSyncにバックアップするときの設定(WordPress)


以前紹介したBackWPupは様々な設定で稼働中のWordpressを自動バックアップできます。
秀逸なのは、クラウドに対応していることで、DropboxやSyugarsync、Amazon S3、Google Storage等にも対応しています。

BackWPupはわかりやすく便利なのですが、画像などの多いサイトをSugarsyncにバックアップする際に、タイムアウトによりエラーが出てしまいます。ログにはタイムアウトとは表示されず、リトライと記録されています。バックアップファイルの大きさは、数十MB程度では問題になることはありませんが、数百MBだとうまくいかない場合があります。

解決方法は、リトライまでの時間を大きく取ることです。こちらthikasaさんのブログ「BackWPup を SugarSync にできた! その設定方法」を参考に、設定ファイル(wp-content/plugins/backwpup 中の、backwpup-functions.phpの326 行目)を以下のように変更すると、タイムアウトによるエラーは解消されました。6000という数値がデフォルトでは600となっており、600秒=10分でタイムアウトです。これを例にならい6000としました。

$revtime=time()-6000; //10 min no progress.
今回試した環境はWordpress 3.4.1、BackWPup 2.1.11です。バックアップサイズは約400MBでした。

バックアップファイルサイズが大きくなるのはuploadフォルダの容量に影響されます。数メガの写真をアップすると、そのサムネイルが生成されていたりして、思いのほか大きくなっていることがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.