Windows7 がなかなか終了しないと思ったら外付けHDDが原因のようでした


ある日から、Windows7終了時になかなか時間がかかるようになりました。日によっては、終了しないこともありました。とりあえず、いろいろ試した中で、バックアップ用の外付けHDDを外すと問題解決することが判明しました。

HDDをフォーマットしてみたり、USBの差し込みを変更してみたりしましたが、しばらくすると、同様の症状がでてしまいます。

Buffaloの製品だったのですが、保証、メーカー修理はあきらめ、ケースを外して、SATAで直接つないでみました。Crystal Disk Infoで調べると、注意どころか、すぐに警告が出て、「代替処理済のセクタ数」が既に閾値を超えていました。S.M.A.R.T情報はどこまで当てになるかわかりませんが、しばらく様子を見ていると、数分で、Windowsからもエラーが出てしまいました。これもS.M.A.R.T情報からだとは思いますが、ケチのついたHDDをいつまでも使うこともないので、あきらめることにしました。

Crystal Disk InfoはUSB接続の機器でも、モノによってはS.M.A.R.T情報を読み出せるようですが、今回は読み出せず、直接つないでみて気がつきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.