Excelで1行おき(何行おきでも)に空白行を追加する


Excelで名簿などから一覧表を作る際に、1行おきに空白を入れたい場合があります。10行なら手作業でも問題ないでしょう。100行ならなんとかがんばれるかもしれません。1000行を手作業でするのはやめたほうが良いでしょう。ひとつの項目で複数行を使うのはExcelの使い方としてはよくはありませんが、印刷等を考えるとやむを得ないこともあります。

少し工夫をするとコピーとソート(並び替え)だけで簡単にできます。
サンプルのデータです。この表の1行おきに空白行を追加することにします。A列が名前、B列が何かしらのデータです。

今回、A列は重複なし、アルファベット順なので、これをキーにします。重複があったり、順番を維持したい場合、C列にはA列と同数の連続した数値を入れます。サンプルなら1~36の連番をA2~A37に入れます。

 

同じ内容をC列にもう1セット追加します。空白行を2列追加したい場合は2セット追加します。

 

C列で並び替え(ソート)します。

 

空白行が移動しました。

 

最後に並び替えで使ったC列を削除します。

これで奇麗に1行ずつ追加されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.