Antimalware Service ExecutableのCPU使用率が高い(Windows 10)


PCの動作が遅いのでタスクマネージャをひらいてみると、Antimalware Service ExecutableというプログラムのCPU使用率が高いことが原因でした。

このプログラムはWindows10標準のセキュリティソフト(Windows Defender)によるものですので、簡単に止めることはできません。

どうやら、誤検知でCPU使用率が上がってしまうことがあるらしく、ネット上でもいくつか情報があります。exeファイルを除外するとか、起動を停止するなどの方法や、他社のソフトに移行するという手もあります。ちなみに、自分の環境ではexeファイルの除外は効果がありませんでした。

起動の停止はレジストリエディタ(regedit)で「コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender」のDisableAntiSpyware(キーが無い場合はDWORD値で新しく作成)の値を1にして、再起動すれば常駐を解除できます。ただし、セキュリティ対策が停止するので、恒常的にこの方法をとることはできません。他のセキュリティソフトを導入後に行うことをお勧めします。

結局、効果があったのはWindows10の上書きインストールでした。マイクロソフトのページからMediaCreationToolをダウンロード、実行することで、DVDなどのインストールメディアがなくても、最新版の上書きインストールが可能です(ネット接続必要)。

データや設定、アプリケーションはそのまま残るので、約1時間ほどで復帰することができました(バックアップは念のために必要です)。その後はCPUを常時占有されることもなく、快適に動くようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.