衝撃に強い?2.5inch HDD


前回のエントリで、データ保存用としての2.5inch HDDを紹介しました。3.5inch HDDに対する2.5inch HDDの利点として、振動に対する強さもあげられます。ノートパソコンでの使用を前提に作られているので、各社とも2.5inchは振動に強い設計になっています。(単純に軽いということも、落としたときのエネルギーは小さくなるので有利です。)

具体的な数値はどうなのか気になったので、Kakaku.comでの人気機種から2.5inch、3.5inchそれぞれをWestern DigitalとSeagateから選んで、データシートを確認してみました。

model 2.5inch 3.5inch
Western Digital WD10JPVT 1TB WD30EZRX 3TB
Seagate ST95005620AS 500GB ST2000DL003 2TB

2メーカー、4種のHDDの比較です。データシートの記述をほぼそのまま表にしました。

単位(Gs) 2.5inch 3.5inch
Western Digital Operating (2 ms, read) 400
Non-operating (2 ms) 1000
Operating (2 ms, read) 30
Operating (2 ms, read/write) 65
Non-operating (1 ms) 250
Seagate Operating Shock (max) 350 Gs for 2ms
Nonoperating Shock (max) 900 Gs for 1ms
Operating, 2ms (Gs) 80
Nonoperating, 2ms (Gs) 300

細かい計測方法はわかりませんが、メーカー間の差異は誤差程度かもしれません。
項目名はShockとなっていて、衝撃というイメージですが、おそらく振動に対する数値だと思われます。
いずれにしても、2.5inchと3.5inchでは桁が1つ違います。他のメーカーも同様の傾向だと想像できます。

読み書きしているとき(Operating)はもちろん、そうでないとき(Nonoperating)も、かなり差があることがわかりました。容量やスピードは3.5inchに劣りますが、耐振動性では2.5inchに軍配が上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.