無線LAN複合機のスキャンボタンについて


Epsonの複合機 EP-703Aに純正無線プリントサーバ(PA-TCU1 )をつけて使用しています。スキャンをするときには、PCからEPSON Scanというソフトを起動し、「スキャン」ボタンをクリックすることになります。

このスキャン機能、1枚の紙なら良いのですが、複数枚のスキャンや、厚手の本などをスキャンする場合、ページをめくったり、フタを押さえたりといった作業が必要になります。ところが、PCから「スキャン」ボタンをクリックするとなると、複合機からいったん離れなければなりません。距離が離れているからこそ無線LANで接続しているにも関わらず、その間を何往復もすることになります。

解決策としては複合機からSDカードに保存し、スタンドアロンで使用することや、PC近くに設置すること、2人で作業することなどがありますが、いずれも面倒です。

一方で、Canonのプリンタ(MP610)はLAN経由のデバイスを仮想USBで接続する仕様だったので、複合機のスキャンボタンでスキャンを繰り返すことができました。ただし、「接続」という作業をPCからする必要があり、その間は、他のPCからは接続できません。

どちらが便利かは使用状況によって異なりますが、設置場所などで、どちらがよいかは自ずと決まってくるので、気になる場合は、各社からの電子マニュアル等を参考にすることが確実だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.