Buffalo製無線LANルーターからポートスキャン攻撃?


無線ルーターをBuffalo WZR-450HP に交換してから、「ポートスキャン攻撃をログに記録しました」というメッセージが数十分に1回くらいの割合で出るようになりました。ログに記録があるようなので見てみると、IPアドレスはやはり交換したルーターからのようです。攻撃?されているポートもFTPやメールで使われるメジャーなものばかりです。
ポートスキャン攻撃

原因はやはりルーターのようで、デフォルトで動作している「ネットワークサービス解析」という機能で定期的に発信されている様子です。この機能はルーターの管理画面から現在接続している機器の情報を得るためのものです。なにかしらのトラブルのときには役に立つかもしれませんのでそのときに改めてONにしてもよいかとおもいます。現状この機能は使う必要がなさそうなので、OFFにすることにしました。

WZR-450HP管理画面

Webで管理画面に入って、管理設定の項目にあるチェックボックスをOFFにします。これでセキュリティソフトからのメッセージもなくなりました。「ポートスキャン ルーター」などで検索しても、他の情報が多すぎてなかなか目的の情報にヒットしません。この機能をもつルーターも複数の機種があるようです。詳しくは「ネットワークサービス解析」で検索するといろいろ情報が得られると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.