「アマチュア無線」カテゴリーアーカイブ

八重洲無線の新型ハンディFT-65


FT-60の後継はFT-65のようです。

切り替えデュアルのシンプルな機種が発表されました。先日発売されたFT-70Dとは異なり、アナログのみの対応です。

先代となるFT-60は2004年発売ですから、実に13年のロングセラーでした。FT-60から進化した点は、バッテリーが専用リチウムイオンバッテリーとなったこと、防塵防滴性能を持つこと、FMラジオを聴けることなどです。逆に、乾電池ケース、外部電源などのオプションは今のところ発表されていません。

続きを読む 八重洲無線の新型ハンディFT-65


八重洲無線 FT-70Dを一覧に追加


八重洲無線 FT-70Dが近日発売と言うことで、公式ページにも記載があがりましたので、一覧(現行アマチュア無線ハンディ機 機能・性能比較一覧表)に追加しました。

値段も手頃になりそうですし、アウトドアでの持ち歩きにはとても向いている気がします。なによりも、アマチュア無線が縮小傾向にあるこの時期に、新機種を発売するメーカーにはエールを送りたいと思います。ここまで褒めておいて言いにくいのですが、バッテリーは他の八重洲機(VX-8DやFT2D)と共用にして欲しかったです。


八重洲無線 FT-70Dの噂


FT-60の後継になるかもしれないFT-70Dの話題です。

総務省の技術基準適合証明のページでは144,430Mhzのデュアル5w、デジタルはC4FM(八重洲のFT2D等と同様)となりそうです。 続きを読む 八重洲無線 FT-70Dの噂


現行アマチュア無線ハンディ機の機能・性能比較表 追加


アマチュア無線ハンディ機の比較表に八重洲FT1XDの寸法を追加しました。八重洲のホームページにはFT1Dの寸法は記載されていますが、大容量バッテリー版のFT1XDの寸法がありませんでしたので別資料から追加です。参考までにどうぞ。

モービル機のマイクを設置するためのフックと両面テープについて


自家用車にアマチュア無線のモービル無線機のマイクを引っかけるためのフックをつけました。タクシーなどではねじ止めをしていますが、穴は空けたくなかったので、フックの接着をすることにしました。

ホームセンターで黒いフックを探しましたが、家庭用は白がほとんどで、あまり選択肢はありません。そんな中で選んだのはこれです。
コクヨ 粘着フック サイズ25x11x30mm 目安保持重量約1kgまで 3個入 黒 フク-1D

形状が合えば、プラスチック製でも良いと思います。金属製を選んだのは、マイクの形状によってはフックを曲げることもありそうだと考えたからです。

保持重量は1kgとなっていますが、接着済みの両面テープは車の内装に対してあまり相性は良くないようです。 続きを読む モービル機のマイクを設置するためのフックと両面テープについて

現行アマチュア無線ハンディ機の機能・性能比較 Kenwood TH-D74追加


数ヶ月前に、アマチュア無線ハンディ機の比較表を作りましたが、先頃ケンウッドより、TH-D74という新製品が発売されましたので、追加しました。

2016/9/5追記
乾電池使用時の出力を訂正しました。マニュアルによると、5W出力できるようですが、電源投入時は0.5Wになるようです。

続きを読む 現行アマチュア無線ハンディ機の機能・性能比較 Kenwood TH-D74追加

USBでVX-3を充電するための工作


前回に続き、八重洲のVX-3の話です。

当機種は外部電源3.7V~7Vで運用可能で、約6V以上の場合、バッテリーに充電が可能です。

ACアダプタは本体に付属しますし、別売りで、シガ―プラグ付き外部電源アダプターがありますが、USB電源で充電できれば便利だと思い、工作を行いましたので紹介します。 続きを読む USBでVX-3を充電するための工作

八重洲 VX-3のバッテリーについて


アマチュア無線の記事が続きます。今回は八重洲のVX-3についてです。

スペックは前回の記事(機能比較一覧)を参考にしてください。この機種の特徴はなんといっても小型軽量という点ですが、隠れた利点は、電源関係にあると思っています。順に挙げると、外部電源時で最大3W、乾電池利用時でも内蔵バッテリーと同じ1.5W出力、そして、リチウムイオンバッテリーが他社の機器でも使用されているものであるという3点です。 続きを読む 八重洲 VX-3のバッテリーについて

現行アマチュア無線ハンディ機の機能・性能比較(2016年春)


アウトドアで使用するためにハンディ機を新調しようと思い、各社の機種を比較してみました。

運用時間や乾電池での出力を知りたかったので、ホームページや説明書から「現行アマチュア無線ハンディ機 機能・性能比較一覧表」にしました。並び替えもできます。(誤記や、追加すべき項目等ありましたら、お知らせ頂けると幸いです。)

2016年現在、アマチュア無線のハンディ機を販売しているのは4社です。現在の販売は23機種が確認できました。各社のホームページでは販売終了機種も記載されているようですが、今回の一覧表からは除外しました。 続きを読む 現行アマチュア無線ハンディ機の機能・性能比較(2016年春)

Yaesu FT-51の電池パック(FNB-31)中身交換


久しぶりに電源を入れようと思い、Yaesuのアマチュア無線トランシーバーFT-51を取り出してみました。1995年頃の製品です。乾電池用のケースにアルカリ電池を入れっぱなしだったので、液漏れしていましたが、析出した結晶を取り除き端子を掃除したら電源を入れることができました。

一方、付属のNi-Cdバッテリーは全く反応がなく、充電もできません。どうせだめならと思い電池を交換することにしました。電池パックFNB-31は中のバッテリーと両面テープの様なもので付いています。はめ込みではないので隙間からこじると取れてきますが、かなり強力についているので、多少の傷は覚悟で割り出します。 続きを読む Yaesu FT-51の電池パック(FNB-31)中身交換