棚完成(木工)


パイン材に色を付けて組み立てを行い棚を完成させました。木工棚 アクリル扉

 

幅は120cm高さは約30cmです。奥行きは板幅の30cmにしました。背面は、上下左右の板の後ろ側になる部分にトリマーで3mmの溝を切り、そこに2.4mmの色を付けたベニアを挟み込みました。薄いベニアはカッターでも切れるので便利な素材です。4辺を挟み込めば反りや歪みもあまり出ません。前面はスライド式の扉を付けました。レールは光モールのガラス戸レール(3mm用)の上下を使いました。こちらもトリマーで溝を切ってはめ込みました。ホームセンターで1000mmのものはよく見ますが、1820mmのものはでは売っていないことが多いようです。

 

扉にはアクリル板を使いました。アクリル板は「はざい屋」というお店で注文しました。板の高さは上下のレール間の最短距離を実測し、それに上側レールの溝の深さを足して若干余裕を持たせた数値にしました。試しにボール紙などで20cm位の幅で作ってみるとうまく使えるかどうかわかります。今回は、3mm幅の透明マット色(押し出し)を幅600mm、高さ267mmで2枚注文しました。アクリルの切断は木工とは異なるノウハウが必要なので、苦労するより注文した方が綺麗で手軽です。mm単位で注文できるので全ての組み立てが終わったあとに実寸で注文できます。

アクリルに把手を付けても良いかと思いますが、あまり開け閉めしないところで、滑りも良いので、しばらくはそのまま使うことにしました。

 

木工棚 アクリル扉木工棚 アクリル扉

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.