PanasonicのBDレコーダーの隠れた利点



BDレコーダーを発売している主な国内メーカーはPanasonic、Sony、Sharp、三菱電機、東芝の5社です。録画機能やテレビとの連携はさておき、設置に関わる大きさのうち、最も目立たない「奥行き」は機種によって意外と差があります。現行機種で最小は199mm、最大は323mmで実に1.6倍程の差です。幅と厚さはお店で見たとおりです。特に幅に関しては430mm前後でほぼ一定です。その中で、Panasonicは多くの機種で199mmとなっており、こだわりが感じられます。

薄型テレビにより、テレビの占める奥行きはかなり小さくなりましたので、レコーダーも奥行きが短いに越したことはありません。テレビ台を使う場合でも、奥行は短い方が、ケーブルの取り回しがしやすく、設置に余裕が出ます。

2012年4月の現行機種で奥行きを調べてみました。突起部は含まないサイズですが、ほとんどの場合ケーブルが背面に取り付けられるので、このサイズ+10cm弱が占有される面積になると思います。

奥行き(mm)
Panasonic 199(10機種)
239(2機種)
Sony 233(1機種)
283(5機種)
288(1機種)
Sharp 235(2機種)
236(8機種)
238(4機種)
三菱電機 204(1機種)
282(3機種)
東芝 323(2機種)
321(2機種)
263(1機種)
199(1機種)

テレビの画面は必要な大きさが人それぞれ、部屋それぞれでしょうが、レコーダーの大きさはもう少し小さくても良さそうです。Panasonicには199mmのこだわりはこれからも持ち続けて頂きたいものです。テレビとの連携や、今までの使い方の慣れを考えると、メーカーの変更は簡単にできませんが、参考にどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.