旅行、出張に必須のコーナータップ


旅行や出張に持って行く電子機器はPCやスマホ、デジカメなど、複数あります。ほとんどがバッテリー駆動の機器ですが、数日や数週間になると、充電器を持って行くことになります。充電器の消費電力はせいぜい数wから10数wですが、時間がかかることが多いので、同時に充電できると便利です。

ホテルのコンセントで自由に使える数は限られていますので、コーナータップが便利です。その中でも Yazawa 極小コーナータップ 4個口 STCS154WH が4個口、コンパクトでお勧めです。コンセントの金属部分自体を収納することができないのが唯一の欠点ですが、今では必須アイテムとなっています。

ちなみに、電源の分岐をする器具で、ケーブルが付いているものをテーブルタップ、電源タップ、延長コードなどといい、ついていないものをコーナータップまたはトリプルタップというそうです。こちらの商品は「トリプル」ではありませんので、コーナータップという商品名になっています。通販で探すときに、一般的な名称がわからず、苦労しました。

最近では、新幹線にもコンセントが付いていますし、喫茶店でも、客用にサービスしているところもあるようですので、使用範囲は様々です。

また、海外でも、コンセントの変換プラグを1つにして、これで分岐することができます。ただし、125Vまでが定格なので、電圧変換トランスが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.