新東名開通でナビの更新


4/14に新東名の静岡県区間・三ヶ日-御殿場が開通しました。

これだけの距離の高速道路が一気に開通することはまれですが、東海道の大動脈に新たな高速道路ができたとなると、観光や仕事で利用する機会も増えそうです。目的地に近いインターチェンジの場所によって、どちらの道が良いか違ってくるので、カーナビのデータも新東名対応のものにしたいところです。

現在、多くのメーカーでインターネット経由の地図データ更新が可能です。Pioneer Carrozzeria 、富士通テン ALPINE、Panasonic Stradaなどでは機種により3年または1年間無料で更新が受けられます。

また、更新の方法は、従来のディスクを使う方法よりも、インターネット+SDカードの方が便利です。更新が有料でも、必要なときに更新データが得られます。カーナビを新規購入する際には、地図の更新方法、無料更新対応期間のチェックは必須です。

ドライブは週末、でもナビは常に最新にということなら、スマートフォンをつかう方法も良いと思います。中間的なものとしてPionnerからDocomo専用ですがスマートフォンリンク ナビクレイドルというものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.