八重洲無線 FT-70Dの噂



FT-60の後継になるかもしれないFT-70Dの話題です。

総務省の技術基準適合証明のページでは144,430Mhzのデュアル5w、デジタルはC4FM(八重洲のFT2D等と同様)となりそうです。

ここからは予想と希望です。
八重洲はFT2Dを2015年に、その前のFT1Dを2013年に発売しています。2年たちますので、フラッグシップの入れ替えも考えられなくはありません。しかしFT-60の後継となると、シンプルな切り替え式のデュアルバンドという可能性も高いと思われます。FT-60は「セカンドリグ」や「入門機」と紹介されていましたし、実際、価格も抑えられていました。

個人的には余計な機能を押さえ、軽量、堅牢なベーシックなリグで、バッテリーはFT2DやVX-8と共用であればと思います。

現行アマチュア無線ハンディ機 機能・性能比較一覧表

2017/3/27追記

わかってきた情報です。
定価39800円で、防沫対応のコンパクトな機種になりそうです。AM/FMラジオの受信はありません。バッテリーは新しい型番なので、VX-8やFT2Dとの互換性はない可能性が高いです。発売は4月予定です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.