八重洲無線の新型ハンディFT-65



FT-60の後継はFT-65のようです。

切り替えデュアルのシンプルな機種が発表されました。先日発売されたFT-70Dとは異なり、アナログのみの対応です。

先代となるFT-60は2004年発売ですから、実に13年のロングセラーでした。FT-60から進化した点は、バッテリーが専用リチウムイオンバッテリーとなったこと、防塵防滴性能を持つこと、FMラジオを聴けることなどです。逆に、乾電池ケース、外部電源などのオプションは今のところ発表されていません。

 

八重洲無線は立て続けに新機種を発表しています。先日発売されたFT-70Dとの違いはデジタル対応の有無ですが、入門機や2台目以降としてとりあえず5Wハンディという目的にはFT-65の方が人気になるかも知れません。

アルインコのDJ-S57とスペックが似ていますが、テンキーの有無や、乾電池運用、防水性能、FMラジオ対応などが異なります。

注意点としてはアンテナコネクタが、通常の国内製品とはオスメス逆です。コメットやダイアモンドのSMAコネクタのアンテナを持っている場合でも、そのままでは使用できません。

現行アマチュア無線ハンディ機 機能・性能比較一覧表


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.