wwwなしとwww付きのアクセスを統合 (htaccess)


さくらインターネットのレンタルサーバではドメインの設定において、マルチドメインとして使用することを推奨されています。例えばexample.comのドメインを/exampleに割り当てたとき、www.example.comでもexample.comでもアクセスできるということです。ほかにもblog.example.comを/blogに割り当てるといった追加はもちろん可能です。サブドメインなしでアクセスがあった場合に、代表的なwwwに割り当てるのはありがたい設定ではあります。

ところがブラウザ上もwwwなしのままで表示されますし、検索園児になどには、サブドメインの有無で全く別のサイトと判断されますのでどちらかに統一した方がよいといわれています。

今回はこのサイトを参考に、.htaccessを以下のようにして、サブドメインなしでのアクセスをwwwに統一するように設定しました。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com
RewriteRule ^(.*) http://www.example.com/$1 [R=301,L]

2行目の.comの前の\(バックスラッシュ)は¥(半角)でも可能です。

これで、example.comにアクセスした場合、自動的にwww.example.comに変換されます。www.example.com/subなどサブディレクトリも問題ありません。

「wwwなしとwww付きのアクセスを統合 (htaccess)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止のため数字と漢数字の算数の計算をお願いします。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.