「カーナビ」タグアーカイブ

カーナビで携帯を充電


Pioneer Carrozzeria 楽ナビ Lite AVIC-MRZ99はUSB接続で、USBメモリやiPod等を繋いで音源にすることができます。USBによる給電が可能ですので、USB-FOMA充電ケーブルなどで携帯電話を充電することができます。

Androidスマートフォンなどではそのまま音源としては使用できませんが、Bluetooth接続などを工夫することで、音源としても使うことができます。

シガーライターよりも配線はスマートにできます。ただし、本来の使い方とは異なりますので、自己責任でご使用ください。


新東名開通でナビの更新


4/14に新東名の静岡県区間・三ヶ日-御殿場が開通しました。

これだけの距離の高速道路が一気に開通することはまれですが、東海道の大動脈に新たな高速道路ができたとなると、観光や仕事で利用する機会も増えそうです。目的地に近いインターチェンジの場所によって、どちらの道が良いか違ってくるので、カーナビのデータも新東名対応のものにしたいところです。

現在、多くのメーカーでインターネット経由の地図データ更新が可能です。Pioneer Carrozzeria 、富士通テン ALPINE、Panasonic Stradaなどでは機種により3年または1年間無料で更新が受けられます。

また、更新の方法は、従来のディスクを使う方法よりも、インターネット+SDカードの方が便利です。更新が有料でも、必要なときに更新データが得られます。カーナビを新規購入する際には、地図の更新方法、無料更新対応期間のチェックは必須です。

ドライブは週末、でもナビは常に最新にということなら、スマートフォンをつかう方法も良いと思います。中間的なものとしてPionnerからDocomo専用ですがスマートフォンリンク ナビクレイドルというものもあります。


パイオニアカーナビのよいところ


前回のエントリの128k通信で使用したPioneer Carrozzeria 楽ナビ Lite AVIC-MRZ99ですが、独断と偏見でよいところをいくつかあげます。20万円超のハイエンドではありません。10万円クラスでの比較です。
続きを読む パイオニアカーナビのよいところ


カーナビでdocomo 128k通信


以前、テザリングで128kbps通信を使う方法でパケホーダイの上限を節約する方法を紹介しました。

今度はカーナビからBluetoothで128k通信を行うことができたので動作報告です。
続きを読む カーナビでdocomo 128k通信